ゆん。Drum女子のブログ

女子ドラマーです(脳障害があります)

あたしの音楽の先生は「パパ」ではない

あたしは、誰に音楽を習ったかというと、パパではない。

 

小さな頃から、ピアノ、ベース、ギター、ドラムなどをやってきて、一度もパパに教わったことがない。

 

パパの仕事は、前の記事で説明したけど、音楽ホールなどを国内外で設計・施工している。

 ⇒ あたしの音楽環境 - ゆん。Drum女子のブログ

自宅にもドラムが2セット設置したスタジオがある。

それなのに、パパは ちょろっとギターが弾けるくらい。

_______________________

あたしの音楽の先生は、

パパの会社でも音響設計をして、レコーディングスタジオをやっている叔父

そして、そこに全国からやって来られるプロのスタジオミュージシャンたち

_______________________

スタジオミュージシャンたちは、叔父のスタジオでレコーディングしたあと、あたしの実家に移って食事をし、そのあと うちのスタジオでセッションをして遊ぶ。

こんな感じ。

 

スタジオミュージシャンたちは、あたしのような女子に、教えたくてたまらんのね。

小学校、中学校、高校と進むにつれ、

教え方が笑っちゃうんだけど、完全にセクハラなのよね。

(食事してお酒が入ってるのもあると思う)

 

ドラムセットは2つあるのに、あたしに付きっ切りで、まさに手取り足取りの状態。

腕、肩、背中、腰、脚、全部触られる。

(だけど、胸や下腹部はないよ、念のため言っとくね)

 

スネアやタムの速いフィルで、脇を締めて叩くと、粒が揃って安定するんだけど、

脇を締めて、胸を挟むようにして叩く!」と…

実際、そうやってプレイすると、

そうそう! 胸を挟む感じ! いいねーー!!」と…

あたしは、爆笑してるんだけどね。

それが言いたくたまらんみたい。

 

前から見たいからもう1回やってみて

バカなん!?」と爆笑しながら返答してた。

 

教えてることは、すごく的確なのね。

表現方法がマズイだけ。

 

そして、指導してくれたことを実践してみせてくれる。

プロに教えるレベルの人達なので、ガチでプレイすると、鳥肌が立つ。

恋に落ちて、抱きつきたくなる。

 

このように、プロの現場で活躍している人たちに教わり、成長しました😊